ブログ名をバージョンアップしました
 前回の更新から、気がつくとちょうど1年が過ぎ去っていました。

ブログは毎日更新が当たり前、
Twitterなどにおいては毎日数十回更新をする敬虔な輩も多い昨今、
1年も更新しないなんて刑務所行きですね。

さておき、いままで使っていた「ロリポブログ」がJUGEMに統合され、
年末までに移行しないともうブログが表示できなくなりますよ、
ロリポおじさんに恫喝され、渋々重い腰を上げて引越しをしました。

ということでブログ名も「局長のブログ2」にバージョンアップ。
ちなみに「局長」は「つぼね たける」と読みますヨロシク。

これを機に、年に2回くらいは更新したいと思います。

Psoted by 局長(つぼね たける)局のつぶやき> | comments(0) | ▲PAGE TOP
「泡のチカラ」はガリガリ君(ソーダ)の香り
こなさん、みんにちは。局でございます。

普段、言いたいことはあまり口に出しては言わないほうですが、今日は声を大にして言いたいと思います。

「泡のチカラ 除菌エクストラクリーンって、ガリガリ君(ソーダ)のニオイがするよね!」

そう、先日皿を洗っていたときのこと、

「ん?何の臭い?」

と鼻腔を広げてみたところ、この手に握ったスポンジから、間違いなく嗅いだことのある匂いが立ち昇っていました。

うーん、間違いなく嗅いだことがあるが、何のニオイだか思い出せない。

なんだったっけ?

走馬灯のようにグルグルと悩みながらも、皿を洗い終わったらそんな悩みもどこ吹く風。

そしてまた翌日、同じ光景を繰り返すのです。

─ 数日後。

「あっ!」

神が降りた瞬間でした。

「ガリガリ君だ!」

そう、それはガリガリ君(ソーダ)の、香りでした。


とはいうものの、ここ最近ガリガリ君喰ってないので、あくまで私の記憶の中のガリガリ君であることをお断りしておこう。

そうそう、「ガリガリ君入浴剤」なんてものものあるんですね。う〜ん、あの香りの風呂か。微妙だけど1回なら入ってみたい気もしますよね。

Psoted by 局長(つぼね たける)局のつぶやき> | comments(0) | ▲PAGE TOP
スネークマンショー
こなさん、みんにちは。局でございます。

みなさんは、スネークマンショーをご存知ですか?

実はこのスネークマンショー、私局(わたくしつぼね)の原点といっても
過言ではありません。

冒頭のご挨拶「こなさん、みんにちは。」も、
「み」なさん、「こ」んにちは。の「み」「こ」を入れ替えたもので、

これの元ネタがスネークマンショーの「ジャンキー大山ショー」なのです。

■ジャンキー大山ショー


ジャンキー大山の声は、名優「伊武 雅刀」です。

詳しくは弊サイト「スネークマンショー ファンサイト」に譲るとして、
スネークマンショーを聴いたことがないという方、
ぜひ一度といわずに聴いてみてください!
Psoted by 局長(つぼね たける)局のつぶやき> | comments(0) | ▲PAGE TOP
減らない楊枝
こなさん、みんにちは。局でございます。

15年ほど前、友人がタイに旅行に行った際のお土産として、楊枝立てと楊枝をくれました。

楊枝立ては紛失してしまいましたが、この楊枝だけは使い続けています。

そう、この楊枝、もう15年間も使い続けているのに なくならないのです。
もちろん、当初にくらべれば減っていますが、ここ5年ほどは減りのペースが落ちてきて、最近はほどんど減らなくなりました。

本数を数えるなどという野暮なことはしていませんし、するつもりもありませんが、究極のエコ楊枝といえるでしょう。

ネタではなくて本当の話です。世の中不思議なこともあるものです。
Psoted by 局長(つぼね たける)局のつぶやき> | comments(0) | ▲PAGE TOP
アナログ放送は2011年7月24日で終了します
こなさん、みんにちは。局でございます。

みなさんは、アナログ放送が2011年に終了することは
知っていますか? 普通、知ってますよね。

では今年の7月24日から、アナログ放送の番組はおろか、
CM中にまで、

「アナログ放送は2011年7月24日で終了します」

というテロップが流れ続ける可能性が高いことは知っていますか?

こんなイメージです。

アナログ放送は2011年7月24日で終了します

うーん、これって嫌がらせですね、普通に考えて。
しかも3年も流し続けるみたいです。

でも3年も流し続けたら、おそらくテロップにも慣れちゃうでしょう。

番組も、テロップのエリアにはコンテンツがかぶらないように
気を使って作られるようになったりして、
結局、意味無いんじゃないんですか? と考えています。

いっそのこと、やるならここまでやったほうがいいでしょう。

アナログ放送は2011年7月24日で終了します

しかし、こんなテロップ流してたら、

「総務省のほうからきました」

とかいって法外な値段でチューナーを売りつけるような
語り商法が蔓延る可能性も否定できません。

総務省の「ほう」というのは、方角のことで、
消防署の「ほう」から来ました、と消火器を売りつけるアレです。

むしろ、こんなテロップが流れてたりすると、
洒落っ気があって好きですね。

テレビ利権は2011年7月24日で終了します
Psoted by 局長(つぼね たける)局のつぶやき> | comments(0) | ▲PAGE TOP
ひかり電話のボイスワープ
こなさん、みんにちは。局でございます。
いまさらですが、明けましておめでとうございます。

今日はSOHOの強い味方、「ひかり電話」について
忌憚のない嘆きを聞いていただければ幸いですと思い、筆を取りました。

その前に、「SOHO」とは何のことか。

Small Office/Home Officeの略というのが一般的な認識ですが、
実際問題としてフタを開けてみれば

Shoboi Office/Hosoboso Ore(ショボイオフィスで細々オレ)」

というのが現状でしょう。

話を戻して、SOHOということは、
一人で家で仕事をしていることが多いわけです。

となると出かけるときは転送で電話を受けることになります。

はじめから携帯番号を教えておくという手も無いことはないですが、
一応、法人にしてしまっている身としては、
名刺に携帯の番号しか無いのもアレなわけです。

前置きが長くてスイマセンでした。

本題に入りますと、
出かけるときに転送オン、帰ってきたら転送オフ
という生活をしていると、転送のオン/オフの機会は結構あります。

以前、

「ネットは光回線、電話はISDNでナンバープラス」

という組み合わせで使っていたのですが、この時の転送のオン/オフは、
「14211」「14210」に電話をすれば、それでOKでした。

しかしながら、

「ひかり電話+マイナンバー」

の組み合わせにしてからというもの、毎回々々、

「ボイスワープの設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、
 最後に#を押してください」


とお姉さんの声が流れ、毎回々々、03-1234-0001というような
10桁の番号を入力してから操作をしなければなりません。

今風に言えば、「超ウゼー」といった感じでしょうか。

頭から湯気が出るほどウザかったので、
NTTに電話をして聞いてみました。

すると、

「申しわけありませんが、それは仕様です」

と。「出た仕様!」と思わず電話口で漏らしてしまいましたが、
確かに、マニュアルを確認してみると載ってました。




それにしても、アナログやISDNのボイスワープは、
電話番号を入力する必要はなかったのに、
ヒカリになったらこれが必須になるとは、退化もいいところです。

不便に思っているのは、決してオレだけではないでしょう。

というか一人称として某(それがし)を使っていたのに、
今回オレを使っているあたり、情緒不安定ぶりの現れです。

ぷんすか。
Psoted by 局長(つぼね たける)局のつぶやき> | comments(0) | ▲PAGE TOP
一人称が印象づけるキャラクター
こなさん、みんにちは。局でございます。

実は某(それがし)、ちょっとした悩みを抱えているのですが、
聞いてもらってもいいですか?

というのも、こうして文章を書いたりするとき、文体はもちろんのこと、
どのような一人称を使うかによってずいぶんと他人に与える印象、
つまりキャラクターが変わってくると思うのじゃ(じゃ?)。

「私」というのが最も無難な選択ですはありますが、普通で面白くもなんともない。

別に面白くする必要はないのでしょうけど、なにかこう、
素敵な一人称を使って生活していきたい、と日々悩んでいる今日この頃、
皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。


さて、実際の日常生活では「ボク」を使うことが多いのですが、
あ、ちなみに「ク」のほうにアクセントをおきます。
「ボク↑」といった感じですね。

これも文章の場合、「ボク」「僕」「ぼく」「朴」など、
おなじ「ぼく」でも表記の仕方によって、
けっこう印象が変わってくるのが面白いところです。

最近のマイトレンドは「某(それがし)」で、
しばらくは某(それがし)で押し通そうと考えている矢先ですが、
なにか素敵な一人称が見つかれば、即日乗り換える準備はできています。

そこで、候補をいくつかリストアップして、
そしてしばらく日をおいて改めて眺めてみて、
「ピーン」ときたものにしようかと思ったので、よろしくお願いします。

局長(つぼねたける) 某(それがし)

いま使っているトレンディな一人称。
どこか漢(おとこ)を感じさせ、礼節をわきまえていそうな感じもよい。

局長(つぼねたける) 自分

体育会系一人称。猪突猛進っぽい印象を与えるが、
使う人によってはナイーブで繊細なイメージになることも。
声に出すと効果的だが、文章にしたときのパンチはやや弱い。

局長(つぼねたける) ミー

アメリカン・ジョークを言いそうで、通販番組にも出ていそうで、
リアクションも大きそう。実は一時期、実際に使用していたことがある。
使いすぎるとしつこい印象を与えるのが難点。

局長(つぼねたける) オラ

田舎もんっぽい。あるいは孫悟空っぽい。
実は一時期、「押忍!オラ人身御供!」という挨拶を多用していたが、
いまひとつ反応が薄かったのが心残り。

局長(つぼねたける) ボク

使う文体によって、ずいぶんと印象が変わる。
お坊ちゃんな感じもすれば、子どもっぽい感じもすれば、
キザっぽい感じがすることも。正直、キライではない。

局長(つぼねたける) 小生

へりくだっているようなフリをしながら、
実はへりくだっていないといった雰囲気。
ひょうひょうとした感じがあってわりと好み。

局長(つぼねたける) 拙者

武士。文章で使う場合、文体も合わせないとやや違和感も。
その違和感を含めてキャラを演出する高度な方法もあるが、
ちょっと疲れそう。

局長(つぼねたける) 朕(ちん)

始皇帝っぽい。
ギャグでは使えるが、日常使いには向かないという声も。

局長(つぼねたける) おで

おつむ不足な感が否めないが、
「だ・である調」のような常体の文章と組み合わせることで、
キテレツなキャラを演出することも可能。

局長(つぼねたける) あたし

オカマっぽい。
この場合文体もオカマっぽくしなければ効果は半減。
今後、オカマキャラでいくつもりならばアリ。

局長(つぼねたける) 俺様

日常生活で使うと社会性を疑われるが、ネット上、
特に匿名掲示板系などでは比較的ポピュラー。
「です・ます調」の文体と組み合わせると、さらにまろやかに。

局長(つぼねたける) ちょれ

あまり使っている人はいない。
韓国っぽかったり、焼肉っぽかったり、オリジナル感はあるものの、
一人称であることに気づいてもらえないという危険性も。

局長(つぼねたける) オスマン

旧友の高橋が一人称として使っていた。
しかし多くの場合一人称とは認識されず、文章の前後関係から判断しても、
せいぜいハンドルネームと勘違いされるのがオチ。


うーん、ほかにも「おいどん」「わし」「ボクちゃん」「あちき」
「本官」「我輩」なども候補ですが、残念なことに
「選択肢が多いと逆に選べなくなってしまう」の法則を今思い出したところです。

ゆっくり考えて、あとで連絡します。
Psoted by 局長(つぼね たける)局のつぶやき> | comments(0) | ▲PAGE TOP
御久しぶりでございます
局長(つぼねたける)こなさん、みんにちは。
熱しやすく冷めやすい漢(おとこ)代表、局でございます。

思い返せば、このブログを立ち上げたのはfilmoに投稿するためでした。

当時のfilmoの規定では、作品を一定期間ブログに掲載する必要があり、
とりあえず作品掲載用にと、このブログを立ち上げたのです。

そして投稿すること数本、運よく、賞をいただくことができました。

が、入選、銅賞、銀賞、金賞のすべての賞を受賞した時点で、
こう、何か糸が切れたようにモチベーションが下がってしまったのです。

しかしながら「熱しやすく冷めやすい漢(おとこ)」が服を着てあるいているといっても過言ではないと評される某(それがし)としては、かなり長続きしたといってよいでしょう。

理由は単純明快、賞金がもらえるからです(笑)

久々にfilmoのマイページにログインしてみると、
賞金&制作費の合計金額がなんと229,000円となっていました。

エニグモさんには、あらためて感謝の念を抱かずにはいられません(笑)


そして夏のある日、

「filmo専用ブログっていうのも、アレだしなぁ」

と思い立った某(それがし)は、日記にちょっとした声をつけて、
「声つき日記」というものをはじめました。

2007年7月6日のことです。

2007年7月10日。
4本目の日記を書き終えた某(それがし)は、みなさまのご期待通り、
力尽きたのでした。

「熱しやすく冷めやすい漢(おとこ)」の名誉を挽回した、
ある夏の日のできごとでした。


そしてある冬の日。

停滞する日常生活を断ち切る意味でも、
なんか新しいことを創めないといかんですたい!

とトイレで踏んばった結果、何もいいアイディアが浮かばず、
とりあえず今の心情を日記に吐露しておいたらどげんです?

と、妖精さんが囁(ささや)いてくれたので、
なんとなくこの日記を綴ってみた、そんな冬のある日、
皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
Psoted by 局長(つぼね たける)局のつぶやき> | comments(0) | ▲PAGE TOP